大人のニキビの治し方。にきびの皮膚科のことはお気軽にご相談ください(^_-)-☆

大人のニキビ 漢方薬

大人のニキビを身体の内側から治そうということで、漢方薬を利用する人がいます。ニキビの種類によりましても処方される漢方薬は違ってきますが、主に十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)、ヨクイニンなどが処方されることが多くなっています。特に、ストレスによって発生する大人のニキビでは、漢方薬を服用することにより、ストレスによる不快症状までも改善すると言われています。

大人のニキビの発生する原因は、それぞれの体質、年齢、性別、あるいは日常の環境などによっても違いますから、漢方薬にくわしい専門医に相談の上、処方してもらうのが良いでしょう。市販の化粧水でも大人のニキビケア用の化粧水、いわいる収斂化粧水という毛穴をキュッと引き締めてくれる化粧水、あるいはクリームなどもたくさん販売されています。しかし、ニキビケアは、規則正しい生活と十分な睡眠、ストレスフリーの日々の生活を行なった上で大人のニキビケアに効果を発揮するものです。ですから、

大人のニキビケア用品を気にするのではなく、大人のニキビの原因を解明してから、ケアを始めたほうが非常に効果が早く現れるでしょう。大人のニキビ痕が、皮膚の深部にまで達しているような深い場合は、皮膚科で医師の治療を受けるのが良いでしょう。皮膚科では圧出という方法で、大人のニキビの膿を除去して治療してくれます。具体的には、大人のニキビが生じている毛穴に専用の機器で小さな穴を開け、そこから毛穴に詰まっている膿を押し出すニキビ治療法です。

大人のニキビやニキビ痕を皮膚科で治療するようになったのは、まだまだ日が浅く、一般に認知されるようになってたのは、2000年に入ってからと言われています。世間的に美容の一環として、皮膚科を利用するのが注目されるようになったことが、一つのきっかけになったそうです。その中でも、大人のニキビ、ニキビ痕の治療と予防は、悩む人の多さとリンクして美容に関わる皮膚科治療の一つの大きなカテゴリーとなっているそうです。

«  大人のニキビ 漢方薬  »